司法書士 ネット集客 エリア 地域

司法書士地域一番化計画
司法書士ホームページ制作 > ネット集客のエリア

 

司法書士業務に関するネット集客エリア

司法書士が扱う仕事は、日本国内であれば、どこでもありますが、

ホームページをメインにし集客する場合、

ネットで集客する場合、

日本中どこでも可能とは言い切れません。

 

例えば、

離島、

限界集落、

このようなエリアでは集客するのは困難でしょう。

 

集客は、市場の規模 人口が重要

人口が少ないエリアでは、そもそも司法書士の仕事の需要が少ないです。

求めるビジネスの規模にもよりますが、ある程度の人口があるエリアで集客を行う必要があるでしょう。

 

歌のビジネスを例に挙げます。

 

韓国は、5000万人と日本の半分以下の人口です。

韓国国内だけでは市場が小さく儲けが少ないです。

そのため、日本や他の諸外国に進出し、日本語などの現地語を覚えさせ、

アイドルという商品を販売しています。

 

 

日本は1億2000万人以上の人口があり、

日本語の歌を歌っていれば、海外へ進出しなくてもある程度儲かります。

 

 

英語の歌を歌うミュージシャンは、英語圏が市場になります。

英語を話す国はたくさんあります。

58の国と21の地域が英語を公用語としています。

 

英語が公用語で、人口が大きい国を挙げると、

アメリカの人口 3億人以上

イギリスの人口 6000万人以上

カナダの人口 3000万人以上

オーストラリア人口 2000万人以上

人口が多いので、市場が大きく、

1曲だけでもヒットすると莫大な利益がでます。

インド人口 125000万人以上ありますが所得が低いので、市場としては未熟でしょう。

 

 

ホームページを使うネット集客では、インターネットを使う人口が重要

インターネットで検索などして、

先生の事務所を知り、相談や依頼を行う人は、

年々増加していますが、

全ての人が、インターネットで調べて相談や依頼をするわけではありません。

 

集客方法は、インターネットを使わない方法があります。

 

債務整理であれば、これらの集客方法があるでしょう。

友人や知人からの紹介、

異業種の士業からの紹介、

街中の事務所の看板、

新聞広告や雑誌広告、

電話帳、

テレビやラジオ広告、

 

不動産登記であれば、

金融機関や不動産仲介業者、住宅メーカーなどからの紹介

が多いでしょう。

 

仕事の内容により、

ホームページを活用した集客が向いている仕事とそうでないものがあります。

債務整理は、他人に相談しにくく、自分でどの事務所に相談するかを調べることが多く、

ネット集客には向いていると言えます。

 

 

ターゲットとなる年代のインターネット使用率 

インターネットを1歳や2歳の子供が使うことは、ほとんどないでしょう。

どのくらいの年齢の人が頻繁に使われるのでしょうか?

 

私が管理している『登記のホームページ』へ訪問される方の年代別のデータがあります。

最も多いのは、『35歳~44歳』、

次いで、『25歳~34歳』、

『18歳~24歳』はほとんどありません。

『登記』という市場に対し、どの年代に需要があるのかがわかります。

 

インターネットの使用頻度が高いエリア

下記の画像は、どの都市からホームページに訪問しているかわかるものです。

 

ホームページのアクセスを解析すると、

その時々で、

何人の人が訪問しているのか

どこの人が訪問しているのか

こういったことが分かります。

 

100万人に近い、

99万4420人のデータから、都道府県別の表を作成しました。

都道府県別

訪問者数 割合
東京都 288613 29.02
大阪府 90,575 9.11
愛知県 63,884 6.42
神奈川県 63,359 6.37
千葉県 42,150 4.24
福岡県 38,403 3.86
埼玉県 37,322 3.75
北海道 29,717 2.99
兵庫県 27,046 2.72
京都府 21,504 2.16
静岡県 18,898 1.90
宮城県 17,324 1.74
広島県 14,749 1.48
茨城県 14,407 1.45
長野県 11,085 1.11
群馬県 11,037 1.11
岐阜県 10,868 1.09
新潟県 10,657 1.07
栃木県 10,267 1.03
岡山県 10,217 1.03
沖縄県 9,843 0.99
熊本県 9,200 0.93
三重県 8,827 0.89
福島県 8,471 0.85
鹿児島県 7,983 0.80
奈良県 7,240 0.73
愛媛県 7,077 0.71
岩手県 6,836 0.69
滋賀県 6,750 0.68
香川県 6,065 0.61
石川県 6,020 0.61
青森県 6,015 0.60
山口県 5,983 0.60
富山県 5,972 0.60
大分県 5,783 0.58
長崎県 5,727 0.58
宮崎県 5,725 0.58
和歌山県 5,240 0.53
山梨県 5,083 0.51
秋田県 4,918 0.49
福井県 4,654 0.47
徳島県 4,590 0.46
山形県 4,370 0.44
島根県 3,967 0.40
高知県 3,738 0.38
佐賀県 3,598 0.36
鳥取県 2,663 0.27

2015年1月

この表は、人口の順位とは違った結果になっています。

人口だけで判断するのではなく、

インターネットの利用が進んでいるエリア、そうでないエリア、

このような視点から分析することも必要になります。

 

司法書士のホームページを制作する際は、市場を調査した上で、

ホームページにどの程度の力を注ぐかを判断する必要があります。

 

『司法書士地域一番化計画』では、むやみにホームページを制作するのではなく、

市場の調査を行って上でホームページ制作に入ります。

 

 

 

司法書士地域一番化計画 052-485-4061

メール相談はこちらから

 

メニュー

司法書士地域一番化計画

営業時間

対応エリア 日本国内

北海道(札幌,函館,旭川),青森,秋田県(秋田市),岩手(盛岡),山形,宮城(仙台),福島,新潟,群馬(前橋),栃木(宇都宮),茨城(水戸),千葉県(千葉),埼玉(さいたま市),東京都, 神奈川(横浜) 静岡,山梨(甲府),長野(長野市、松本),富山, 石川(金沢),福井, 滋賀(大津), 岐阜(岐阜市),愛知(名古屋),三重(津),奈良(奈良市),和歌山,大阪府(大阪),京都府,兵庫(神戸),岡山,鳥取,島根(松江),広島(広島市),山口,香川(高松),徳島,愛媛(松山),高知,福岡(博多),佐賀,長崎県,大分,宮崎,熊本,鹿児島,沖縄(那覇)